※風俗店様へお知らせ 有料広告掲載を開始いたしました。

>>エリアや条件での風俗店検索はこちら<<

風俗大好きナンパ講座  

風俗大好きナンパ講座

母乳の味【ナンパ講座#43】

俺は赤羽にいた。

相変わらずのmixiアポ。

28歳のゆうこだ。

ゆうこは前の年に当時の彼氏の子を妊娠したのだが、結局結婚はせずにシンママとして育児をしている。

子供はまだ4ヶ月とからしい。

そんなタイミングで俺とデートするのもどうかと思うが、狙えるものは何でも狙う。

赤羽で会うと、早速カラオケへ。

事前に下ネタ耐性はチェック済みなので、カラオケに入ると曲も歌わずにギラついた。

関連記事:下ネタ耐性をチェックしろ【ナンパ講座#39】

ゆうこも『待ってました』と言わんばかりの激しいキスで応じてきた。

俺はすぐにゆうこの服を脱がして、乳首を舐める。

まだ母乳の出る時期のはずが、どうも母乳が出ない。

『あれ?母乳出なくない?』

『出るよ』

そう言って、乳首を指でつまんで母乳を出した。

『おーすげー』

母乳が飛んでる。

母乳を出すのには結構コツがいるみたい。

以前、授乳時期のゆうなの母乳を飲んだ時も教えてもらったけど、すっかりコツを忘れていた。

関連記事:天国と地獄【ナンパ講座#28】

乳飲み子に心の中でごめんと思いながらも、ゆうこの母乳を飲ませてもらう。

甘い!!

ゆうなの母乳を飲んだ時はあまり美味しくないイメージだったが、ゆうこの母乳は甘めで美味しい。

これは体質的なものなのか、摂取しているものによって変わるのかはよくわかっていない。

飽きるまでゆうこの乳首を舐めたら、すぐにズボンとパンツを脱ぎ、ゆうこにフェラをさせる。

ゆうこも何の戸惑いもなく、俺のものを咥え始めた。

ぼってりとしたゆうこの唇が俺のものを優しく包み込む。

そしてテーブルに手を付かせ、立ちバックの状態でゆうこに挿入。

激しく突くと、それに合わせてゆうこの息遣いも荒くなっていく。

そのまますぐにフィニッシュ。あっけない。

ネットナンパはハマれば「ヤリに来た」くらいの感じで、いきなりセックスが始まることも多い。

ストリートではあんまりない、ネトナン独特の感覚だ。

それから少しカラオケを歌って、カラオケ終了。

なんだか物足りなくなった俺たちは、『ホテルでゆっくりしよう』ということで、ホテルに移動して2回戦に突入した。

ゆうこの身体と母乳を堪能して解散。

それからゆうことは一切会っていない。

これもナンパあるある。

俺は今日も刹那な出会いを探している。

(つづく)

 

※この作品はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

-風俗大好きナンパ講座