※風俗店様へお知らせ 有料広告掲載を開始いたしました。

>>エリアや条件での風俗店検索はこちら<<

オナクラ・手コキ風俗体験コラム  

オナクラ・手コキ風俗体験コラム

ちんぽを舐めたい処女【オナクラ・手コキ風俗#13】

お互いの乳首を同時に舐め合う乳首舐め69は、すごくエロいことをしているという雰囲気だけでも興奮するのだが、ゆかりちゃんの乳首舐めが本当に気持ちよく、俺のちんぽはギンギンに固く勃起していた。

1〜2分お互いの乳首を舐め合っていたと思う。
俺が反対側の乳首を舐めようとして体を動かしたときに、ゆかりちゃんが俺のちんぽがギンギンに勃起していることに気がついた。

「あの、おちんちん、触ってもいいですか…?」

少し照れているような言い方だったが、ゆかりちゃんはどんどん大胆になっていて自分の性欲を隠すことはなくなっていた。

「もちろん。俺も触って欲しい。」

ゆかりちゃんは俺のちんぽを握りシコシコとしごき始めた。

「こんな感じで大丈夫ですか?痛くないですか?」

「うん。気持ちいいよ。」

ゆかりちゃんは真剣な目で俺のちんぽを見つめながら、手を動かしている。

「すごい見てるね(笑)」

「あ、つい(笑)触るの初めてだから。」

「どう?初めて触った感想は。」

「すごく硬いです。こんな硬いんですね。」

「ゆかりちゃんのせいだよ(笑)」

「そんな(笑)でもうれしいです。」

「もしまだ男が興奮してなくてフニャチンだった場合は、いきなりシコシコしごくんじゃなくて、揉むように触ってあげたり、撫でるようにしてあげるといいかもね。」

「あー、そうなんですね。あ、先っちょが濡れてきた。」

「これ何ていうか知ってる?」

「はい。我慢汁ですよね?精子を出したいの我慢してると出るとか。」

「そうそう。」

「じゃあ今って我慢してるんですか?」

「あ、我慢汁って言っても、実際は女の子のおまんこが濡れてくるのと同じような感じかな。本当にもうイキそうにならないと出ないんじゃなくて、エッチな気分になるだけでも出ることもあるよ。」

「なるほど、そうなんですね。」

「指に我慢汁をつけて先っちょぬるぬるしてみて。」

「はい。こんな感じですか?」

「あ、それ、気持ちいいよ。」

ゆかりちゃんはチクニーの達人なので、処女だが指使いは上手い。
強すぎず弱すぎず、気持ちよく先っちょを刺激する。

「おちんちんってなんかかわいい(笑)
あのー、タマのほうはどうすればいいですか?」

「金玉はドMの人以外は、強くすると痛くなっちゃうので、出来るだけやさしく転がすように揉んで欲しいかな。」

「やってみていいですか?」

「うん。」

ゆかりちゃんは恐る恐る俺の金玉をなでたり揉んだりした。

「うん。それぐらいが気持ちいい。タマ揉みながらちんぽもしごいてみて。」

「はい。」

金玉は女の体にはついていないし、どうすればどんな感じになるのか女性は全く想像できないだろう。

股間についていて、刺激に敏感なので、触られることで性的な興奮を得られるが、金玉自体は性感帯ではない。

そのため、痛みを感じない程度に女性に触れられている、あるいは舐められているということが感じられるだけで十分だ。

ゆかりちゃんは飲み込みが早く、両手を器用に動かして気持ちよく刺激してくれた。

女にはちんぽを舐めたい欲望がある

初めてとは思えないゆかりちゃんの手コキで気持ちよくなり、少しずつ射精したくなってきた。

ちんぽの先っちょからはどんどん我慢汁が出てきて垂れるほどだ。

「あの、おちんちん舐めてもいいですか?」

「え?俺はもちろんうれしいけど、いいの?」

「はい。舐めてみたくて。」

ここは手コキオナクラだ。

もちろんオプションでフェラをして稼ぐオナクラ嬢もいくらでもいるので、特別なことではないのだが、ゆかりちゃんは今日が初出勤だし、そんなことより何より、彼氏が出来たこともない処女だ。

そんな子が自分からちんぽを舐めたいと言うとは。

自分の学生時代のことを思い出すと、女の子がフェラをしたいと自分から言うことはなかった。

フェラに関しては、「好きな彼がしてほしいっていうからしてあげるし、好きな彼が気持ちよくなってくれるとうれしいからフェラは好き」というのがお決まりのセリフだった。

つまり女はちんぽを舐めること自体はしたいことではないけど、してあげると喜ばれるのがうれしいからすることだと思っていた。

実際気持ちいいのは男だけだろうし、顎も舌も疲れるだろうし、奉仕させられてる感があってイヤだとはっきりと言う女もいるぐらいだ。

でも今のゆかりちゃんはちんぽを舐めるという行為を経験したいという欲望が、体の中から溢れ出て止められなくなっていることが伝わってくる。

本当にちんぽを舐めたいのだ。
生まれて初めて触ったちんぽを口の中に入れてみたくて仕方がないのだ。

思い起こせば、これまで数え切れないほどの女にちんぽを舐めてもらってきたが、本当に舐めたいと思っている女にちんぽを舐めてもらったことがあっただろうか。

俺には処女信仰はないし、経験豊富な熟女のエロさも好きなのだが、こういうピュアな性欲に動かされてフェラをしてくれる女性は処女ならではかもしれない。

期待していなかった手コキオナクラだったが、まさかの最高の体験がそこにはあった。

(つづく)

-オナクラ・手コキ風俗体験コラム